本文へ移動

支援事業の案内

提供事業内容

就労移行支援事業

【施設内作業・施設外作業・企業実習・就労訓練など】
一般就労等への移行に向けて事業所内や企業における作業や実習を実施し、 適性に合った職場定着の為の支援等をハローワーク、障害者職業センター、障害者就業・生活支援センター等と連携を取りながら実施します。
就労後の職場定着支援も行います。利用期間は2年間です。

就労継続支援B型事業

【施設内作業(プラスチック製品の検査作業等)・施設外作業(シール剥がし作業)など】
就労や生産活動の機会を提供し、能力や意欲の向上を目指します。
また、他者との触れ合いを通じて働くことの喜びやコミュニケーション能力を 高めていけるよう支援していきます。

生活介護事業

【創作活動・足浴・ドライブ・音楽活動など】
食事や排泄等の介護や日常生活上の支援を提供すると共に軽作業等の生産活動や 創作活動の機会も提供し、身体能力、日常生活能力の維持・向上を目指します。

就労継続支援A型事業

【プラスチック製品の加工・検査作業など】
就労や生産活動の機会を提供し、能力や意欲の向上を目指します。
また、他者との触れ合いを通じて働くことの喜びやコミュニケーション能力を 高めていけるよう支援していきます。

放課後等デイサービス事業

【創作活動・グループ活動など】
授業の終了後または学校の休業日に、生活能力向上のために必要な訓練、社会との交流の促進その他
必要な支援を行います。

相談支援事業

障がいのある方の生活に関するいろいろな相談を受けたり、サービスを利用するための計画を作る事業です。
新規利用をご希望の方
流れ
施設利用に関する受給者証が自宅に届くまで2週間程度かかります。自宅に届き次第、施設へご連絡下さい。施設利用受給者証を確認次第、ワークショップゆうすいとの施設利用契約を結びます。
 
サービス管理責任者が見学から施設利用までをサポート致します。施設利用希望の方は、まず施設見学を行なって頂きます。見学時に作業・訓練の説明と、ご本人の障害状況・生活状況、ご希望する支援内容についての確認をさせて頂き、今後の日程調整を行ないます。療育手帳・身体障害者手帳・精神保健福祉手帳を所持している方は確認をさせていただきますのでご持参下さい。
 
 
 
体験実習については、基本的に2週間ですが、本人の状況により代わることもあります。その際、施設利用体験契約をご本人と結びます。実習中は基本的に施設内作業・訓練を他の利用者の方同様に行なっていただきます。本人の希望と施設サービスが合致しているか等を確認していただきます。※実習費はご確認ください。
実習最終日に再度面接を行い、今後の施設利用についての確認を行ないます。実習最終日から1週間後に施設利用についてのご返答を頂きます。
 
 
施設利用希望の場合、ご本人の居住市町村にて施設利用に関する受給者証の申請を行ないます。その際、市町村担当者が面接を行い利用希望の確認を行ないます。申請が不安な方には、サービス管理責任者が申請のサポートを行ないますのでご安心下さい。
[施設見学ご希望の方]

【施設利用者・施設見学・体験実習募集中です!】

事前に日時・目的・人数等を確認させていただきますので、お気軽にお電話下さい。

見学や説明については、施設内作業・訓練ともに
ご希望する事柄を中心に行ないます。
※生活訓練事業/就労継続支援B型事業では、随時新規利用者・施設見学・体験実習を受け入れております。
社会福祉法人 真奉会
 
〒899-5116
鹿児島県霧島市隼人町内2068番地
TEL.0995-44‐7111
FAX.0995-44-7112

 障害者支援センターワークショップはやと
 障害者支援センターワークショップあいら
 障害者支援センターワークショップゆうすい
生活支援センターほっと
児童発達支援センターぽえむ
どれみ保育園
相談支援事業所ほっと
相談支援事業所ぽえむ
あいらいさ障害者就業・生活支援センター
 認知症対応型グループホームあもり
TOPへ戻る